雑学通信

面白い雑学やトリビアなどを発信していくサイトです。

意外と知らないインフルエンザ予防

      2016-02-24

flu

インフルエンザが流行っていますね。出来ることならかかりたくないですよね。

今回はそんなインフルエンザの予防についてご紹介します。

スポンサーリンク



インフルエンザ予防にうがいは効かない?

風邪などの予防で真っ先に挙げられる「うがい」ですが、実はインフルエンザに対する効果は証明されていないようです。

首相官邸のホームページによると、インフルエンザ予防として「手洗い」は推奨されていますが、「うがい」については、意外にも特に推奨されていないんです。

インフルエンザウイルスは、気道に入ってから僅か20分程度で細胞の中に取り込まれ増殖していくというほど、とても強い感染力を持っているのです。その為、インフルエンザウィルスを「うがい」で予防するとなると、20分毎にうがいをしなければならないという事になります。これは予防策としては現実的ではないですよね。

ですが、うがいは全く無意味かというとそうではありません。インフルエンザ以外の風邪や感染症の対策としては確実に効果があるので、普段からうがいはしておいた方が良いですね

インフルエンザ予防はプラズマ乳酸菌!

ではインフルエンザを予防するには、どうすれば良いのでしょう。

それは乳酸菌と水分の補給だそうです。

実際に、市販のヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれている乳酸菌を摂ると、免疫力が高まったり、感染後にも重症にならずにするなどの効果が確認されています。

中でも特に効果が高いとされている乳酸菌を「プラズマ乳酸菌」と呼びます。

インフルエンザにかかる前に、早めに乳酸菌を摂る事を始めておきたいですね。

インフルエンザ予防の飴がある

最近のインフルエンザ予防グッズとして、インフルエンザ予防飴なんていうものもあります。

インフルエンザ予防飴にはシアル酸という成分がたくさん含まれており、これが喉に侵入してきたインフルエンザウイルスにくっついて、インフルエンザウィルスが喉で繁殖せずに胃の中に入るようになります。

そして、胃酸によって殺菌されるということです。

味も悪くないので、美味しく手軽に予防できるので良いですね。

まとめ

いかがでしょうか。インフルエンザの予防には、・マスクをして・手洗いをして・乳酸菌と水分を摂って・インフルエンザ予防飴を舐める、これでバッチリではないでしょうか。

インフルエンザの予防接種は、実は効かないなどの説もあるようなので、そちらについてはここでは触れておりません。

寒い季節も、体調を崩さずに健康でいられると良いですね。



スポンサーリンク



オススメの記事

 - 生活