雑学通信

面白い雑学やトリビアなどを発信していくサイトです。

レゴの豆知識

      2016-02-24

lego

子供の頃に一度は遊んだことがあるレゴ。うちは私も子供も大好きです。最近では習い事でレゴ!というのも流行っているそうですね。

今回は、みんな大好きなレゴの豆知識です。

スポンサーリンク



デュプロもずっと使えるよ!

レゴには様々な種類のブロックがありますよね。子供へのプレゼントにもとっても良いと思います。

ですが、小さい頃には大きいブロックのレゴデュプロをプレゼントしたけれど、大きくなってきたら、今度は小さいブロックのレゴシステムに変わっていきますよね。でも、安心してください。そのデュプロも一緒に使えますよ!

何とレゴデュプロとレゴシステムはお互いにくっつけることが出来るんです!なので、小さい時に使っていたレゴデュプロを大きくなってからも色々と使うことが出来るんですね。

大きくなってからも遊べるので、とってもありがたいですね。

積み上げるだけじゃないよ!

前項で互換性について書きましたが、デュプロとシステムだけではなく、ちゃんとシステムと少し大人向けのテクニックにも互換性があります。しかも、その組み方も様々なのです。

レゴの組み方は積み上げるのが一般的ですが、実は縦向きにも組めるって知っていましたか?

どういう事かというと、レゴシステムのポッチとポッチの間の隙間は、ちょうどレゴシステムの薄いブロックが縦向きに挟まるサイズなのです。

その他にも、テクニック系の十字の形の軸受けなんかが、ポッチの間にはめられるようになっているなど、組み方は本当に多彩ですよ。

400年以上遊べるよ!

小さい頃からずっと遊び続けることが出来るレゴですが、どれくらい壊れずに遊べるかご存じでしょうか?

何とその耐久性は、組んで外すの繰り返しに17万回まで耐えられると言う結果が出ているのです!17万回も組めるので、毎日組んで遊んでも400年以上も遊び続けることができます。

さらに、非常に精密に作られているので、不良が出る数は100万個中にたった18個だけというから驚きですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。子供から大人まで楽しめるレゴブロックですが、本当に奥が深いおもちゃですよね。

うちの子供はニンジャゴーシリーズが大好きで、テレビでニンジャゴーのDVDを見ながら、レゴブロックで遊んでいます。個人的にはもうすぐ新しく発売されるネックスナイツシリーズがとても気になっています。

私も子供と一緒にレゴで遊んでいると、昔を思い出して更に大好きになりました。皆さんも是非レゴで遊んで新しい組み方や楽しい遊び方を探してみてください。



スポンサーリンク



オススメの記事

 - 生活