雑学通信

面白い雑学やトリビアなどを発信していくサイトです。

日本酒の豆知識

      2016-02-24

sake

皆さんお酒は好きですか?うちは嫁が日本酒大好きで、よく晩酌しています。

最近では日本酒専門もお店なんかもありますよね。種類も多くてビックリしました。

今回は、そんな日本酒の豆知識をお届けします。

スポンサーリンク



女将さんの語源は日本酒

旅館の女主人の事を女将さんと言ったり、奥さんの事を「うちのかみさん」とか言いますよね。

女の人の事を「かみ」さんと言うのは、「噛み」さんから来ているのです。

噛むとはどういう意味かというと、弥生時代には炊いたお米を噛んでお酒を作っていたそうで、お酒作りは女性の仕事だったそうです。

女将さんと言う呼び方は、日本酒作りのルーツが女性であったことの名残りなんですね。

冷や酒は冷たくない?

日本酒は温度によって呼び方が変わりますよね。そんなお酒は世界中でも珍しいのですが、実は熱燗と冷や以外にも細かく呼び方があるんです。

まず、冷酒というのは冷やしたお酒ですが、冷や酒というのは実は常温の日本酒を指します。間に「や」が入るだけで意味が変わってしまうんですね。

他にも、熱燗は50℃程度の温度のお酒を指すそうですが、それより暑い55℃だと「飛び切り燗」、それより低い45℃だと上燗など本当に細かく変わります。

温度の低い方から書くと、5℃「雪冷え」、10℃「花冷え」、15℃「涼冷え」、20℃「冷や」、30℃「日向燗」、35℃「人肌燗」、40℃「上燗」、50℃「熱燗」、55℃「飛び切り燗」というそうです。

日本酒は美容に最高!

最近では麹を使った食品が健康に良いと大変人気ですよね。中でも日本酒には優れた美容効果があるのです。

日本酒に使われている米麹は、メラニン色素を抑制するために美白効果があります。ちなみに飲んでも良いですが、米麹は塗っても効くそうです。

日本酒にはアミノ酸・ビタミン・ミネラルがたくさん含まれています。しかもアミノ酸はワインの10倍も入っています。このアミノ酸などはお肌の保湿成分として効果があります。

また、米に含まれるフェルラ酸は、紫外線が肌に吸収されるのを防ぐ効果があるので、米から作られている日本酒にもアンチエイジング効果が期待できます。

他にも、日本酒には血流を良くする効果もあります。日本酒以外のお酒よりも、飲んだ時の体温上昇効果は2℃程高いと言われており、冷え性や肩こりにも効果があると言われています。

まとめ

いかがでしょうか。日本酒は呼び方が色々あったり、美容効果があったりと奥が深いお酒ですね。

日本酒は化粧水として、精製水で割って肌に塗っても良いそうです。他にも日本酒をお風呂に入れると、保温保湿効果があったりと、美容には最高のお酒です。

種類もたくさんあるので、皆さんも是非お気に入りの日本酒を探してみてください。(ちなみにうちは、水酛 三諸杉というお酒が大好きです。)

三諸杉 純米 水もと 酵母無添加 直汲み無濾過生原酒 透明瓶 720ml2015年11月醸造

価格:1,296円
(2016/2/13 19:40時点)

三諸杉 純米 水もと 酵母無添加 直汲み無濾過生原酒 透明瓶 1.8L2015年11月醸造

価格:2,592円
(2016/2/13 19:38時点)

スポンサーリンク



オススメの記事

 - 生活 ,