雑学通信

面白い雑学やトリビアなどを発信していくサイトです。

意外と知らない銅の雑学

   

copper

最も身近にある金属は何でしょうか。それは、おそらく銅ではないでしょうか。

皆さんは「銅」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。10円硬貨かもしれませんし、銅メダルかもしれませんね。ですが、銅はもっと身近に存在しています。現在の電子機器のほぼ全てに銅が関わっていると言っても良いほど、銅が使われています。

今回は、そんな銅の雑学を紹介します。

スポンサーリンク



銅の電導性

銅は非常に電気を通しやすい物質です。金属の中で、銅よりも電導性が高い物は銀しかありません。ですが、銀ではコストがかかり過ぎるので、私たちの生活では主に銅が使われています。

現在は銅線が世界中に張り巡らされ、世界中の電気を運び、私たちの生活を支えてくれています。

また、最新の電子機器にも銅がたくさん使われています。

最近の電子機器はどんどん小型化していますよね。今では当たり前のスマートフォンなどは、一昔前には考えられなかった物です。そのような電子機器の小型化にも銅が貢献しています。

銅は電子機器の基盤に使われているシリコンに溶け込んでしまう性質がある為、一昔前まではアルミニウム配線が使われていましたが、アルミニウムは銅よりも電気抵抗が高いので、線を太くしなければなりませんでした。

ですが、IBM社がシリコンを銅から守るコーティングを開発したことで、銅が配線に使えるようになり、電子機器は劇的に小型化することが出来るようになったのです。

銅の耐久性

銅は非常に腐食に強く、抗菌性も高いです。腐食に強い銅は合金や塗料として、船の船底やスクリューなどに使われています。また抗菌性もあるので、微生物やフジツボ等からも船を守っているのです。

この性質により、銅の配管などもよく使われています。腐食に強い銅の配管を使用している家はとても長持ちし、更に水を浄化して綺麗にするのです。

銅の美しさ

銅はそのままでも非常に美しい金属です。銅は初めから美しいですが、経年によって更に深みのある美しさを持つようになります。

銅は風雨にさらされると、緑青が発生し、赤から緑に変わっていきます。この緑青は銅の表面に皮膜を作り、銅を腐食から守るのです。

自由の女神は銅で覆われているので、綺麗な緑青の緑色をしていますよね。銅は年々深みを増し、更に耐久性も高いので、屋根などにも使われています。銅の屋根は、その耐久性から100年以上も葺き替えなくて良いのだそうです。

まとめ

いかがでしょうか。銅はリサイクルや加工もしやすいので、現在の生活のあらゆる箇所で使われています。

銅は更に熱伝導率も高いので、ラジエータなどにも使われています。

銅の技術はこれからもどんどん進化して、私たちの生活を更に便利にしてくれるでしょう。

スポンサーリンク



オススメの記事

 - 鉱物 ,