雑学通信

面白い雑学やトリビアなどを発信していくサイトです。

驚愕!世界最○の生物

      2016-02-24

falcon

地球には数え切れないほど多様な生物が存在しますが、世界で一番大きい生物や世界で一番速い生物は一体どんな生物でしょうか。

今回は、世界で一番○○な生物をご紹介いたします。

スポンサーリンク



東京ドーム206個分!世界最大の生物

世界で最も大きな生物はシロナガスクジラではなく、何と菌類であるキノコなのです。

実は一般的にキノコと呼ばれているカサやイシヅキの部分は本体ではないのです。普段目にするキノコは、植物で言えば花や実にあたる部分で、地面の中にある菌糸の集団が植物の幹や根にあたる部分で、そちらがキノコの本体なのだそうです。

そして、中でも世界最大の生物と言われるキノコがアメリカのオレゴン州の東部に生えているキシメジ科のキノコ、オニナラタケだそうです。

その大きさは総面積約10平方kmで、東京ドーム206個分という驚愕の大きさです。

まさか生物の大きさの単位に平方kmが使われているとは、驚きですね。

時速390km!世界最速の生物

陸上最速の生物といえば、チーターですよね。チーターは時速120kmで走るそうで、十分に速いのですが、地球上で最速の生物はチーターの約3倍超の速度を出せるのです。

その時速390kmを出すことができる最速生物はハヤブサです。

地上の戦闘機と言われるF1マシンの最高速度記録が時速372.6kmですから、ハヤブサはF1マシンの限界速度を更に超えてしまっています・・・。

ハヤブサの獲物を捕らえる時の降下速度は時速400kmを超えるとも言われているので、その速さは、まさにブッチギリです。

ちなみに最近の研究によると、ハヤブサはタカの仲間ではなく、インコやスズメの仲間だそうです。

年齢507歳!世界最高齢の生物

鶴は千年、亀は万年と言いますが、実際の最高齢の亀は200歳のゾウガメだそうです。ですが、地球にはそんな亀を凌駕する程の長寿の生物がいるのです。

その世界最高齢507歳の生物とは、アイスランド沖で発見されたホンビノスガイという貝だそうです。貝の年齢は年輪を見ると分かるそうですが、研究のためにこの507歳の貝を開けた結果、死んでしまったそうです・・・無残・・・。

なんとも悲しい結果ではありますが、その研究の結果507歳と判明したとの事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。世界には私たちの想像を遥かに超える凄い生物がたくさんいますよね。ご長寿の生物なんかは、今後更に記録更新されるかもしれませんね。

まだまだ知らないことだらけで、奥が深い世界ですね。

スポンサーリンク



オススメの記事

 - 自然