雑学通信

面白い雑学やトリビアなどを発信していくサイトです。

意外と知らないイルカ・クジラの雑学

      2016-02-24

dolphin

イルカやクジラは馴染み深い生き物ですが、具体的な違いは何でしょうか?

今回は、そんなイルカやクジラのトリビアを紹介します。

スポンサーリンク



イルカとクジラの違いは大きさのみ!

イルカとクジラは実は生物の分類上、違いはありません。

イルカもクジラも生物学上は鯨類(げいるい)の動物です。イルカはクジラ目ハクジラ亜目に分類されており、イルカがクジラの仲間ということになりますね。

では一体、イルカとクジラの違いは何かというと、実は大きさだけなんです。

どこからがイルカ?

実はイルカとクジラの明確な基準はありません。

4メートル以上がクジラと書いていたり、5メートル以上がクジラと書いていたりと説は色々ですが、一般的には大きさが3メートル以上がクジラとする事が多いようです。

では、同じイルカでも大きさが3メートルを越えればクジラになるのかというと、そんなことはありません。イルカが出世魚みたいに、成長するにつれて呼び名が変わるということは無い様です。

イルカとシャチは違うのか?

イルカとシャチも同じ仲間です。一説にはシャチはイルカの先祖とも言われている様です。

つまり、シャチもクジラの仲間ということですね。

イルカの祖先はカバだった!

イルカやクジラは陸上にいた動物が、再び水中生活をする様になり進化していった動物なので、肺呼吸をしていますよね。分子生物学によるとイルカやクジラが海に戻る前の祖先は何とカバだったのだそうです。

でも、確かに言われてみれば、どことなくクジラとカバは似ているかもしれませんね。

イルカは薬漬け?!

よく有名人の麻薬が問題になったりしますが、何と野生イルカにもドラッグ中毒者がいるかもしれないという説があります。

人が食べると死にいたるフグ毒ですが、これをドラッグとして摂取しているイルカがいるというのです。

その衝撃の瞬間を、英BBCの海洋ドキュメンタリー番組「Dolphins – Spy in the Pod」が捉えています。その映像によると、若いイルカが鼻でフグを優しく突っつき、フグが防衛のために放出した毒を吸い込んでトランス状態に陥っています。

その後、イルカたちは水面のすぐ下に魔法にでも掛けられたかのように浮かんでいました。イルカはまっすぐフグに向かっていき、意図的に丁寧にフグを突いていたことから、これはたまたま起こった1回限りのできごとではないとのことです。

イルカは半分寝る

イルカは泳ぎながら眠ることが出来ます。しかし、その中には片目を開けているイルカがいます。

この片目だけを閉じているのは脳の半分だけが眠っている状態で、これはイルカやクジラなどの鯨類や渡り鳥などが行なう半球睡眠という睡眠方法なのです。

この能力により、眠っている間にも周囲を警戒したり、呼吸をしに海面に出たりすることが出来るのです。

まとめ

いかがでしょうか?イルカやクジラには半球睡眠などの驚きの能力があったり、ドラッグ中毒のような人間的な部分があったりと、奥の深い生き物ですね。

スポンサーリンク



オススメの記事

 - 自然