雑学通信

面白い雑学やトリビアなどを発信していくサイトです。

ミミズクの雑学〜フクロウとの違いなど〜

   

horned-owl

最近は様々な動物がいるカフェがありますが、そんな中に鳥カフェという物があります。

犬や猫に続いて、ペットとして鳥の人気の人気の高さが伺えますよね。管理人はそんな鳥の中でも猛禽類が大好きです。

猛禽類の中でもミミズクとフクロウはそっくりですが、何が違うのでしょうか?

今回はミミズクの雑学を紹介いたします。

スポンサーリンク



フクロウとの違いは「耳」のみ

ミミズクはフクロウ科の鳥で、フクロウ科の中でも羽角(うかく)という羽(いわゆる「耳」)がある鳥の呼び名なのです。

つまり、ミミズクとフクロウの違いは実は耳のような羽があるか無いかだけなのです。

そもそも、ミミズクの「ズク」というのはフクロウの事で、耳のあるフクロウなので「ミミズク」というのです。知っていれば、実に明快な呼び名だったのです。

しかしミミズクとフクロウに明確な違いは無い

ミミズクとフクロウの違いは耳と説明しましたが、何と正確な違いは無いのです。シマフクロウなどは前述した羽角があるにも関わらずフクロウと名前が付いていますし、逆に羽角がほとんどわからない程度なのにミミズクと呼ばれる物もいます。

つまり、ミミズクとフクロウには明確な違いはなく、区別する必要はあまり無いのです。どちらも同じ種類の鳥なのですね。

ミミズクは木の上の耳ウサギ

ズクとはフクロウの事を言うと言いましたが、漢字では「木菟」(ズク)と書きます。なぜ菟(ウサギ)なのかというと、フクロウの足がウサギの足とよく似ているからと言われています。

羽角自体には耳としての機能はありませんが、ミミズクやフクロウは目だけではなく、耳も大変良く、音だけで獲物の位置を捉えることが出来るほどだそうです。

足の形だけでなく、耳もウサギと同じように優れているのです。

まとめ

いかがでしょうか。ミミズクとフクロウは似ている鳥ではなく、同じ鳥だったのです。

新幹線のパンタグラフなどはミミズクやフクロウの羽根から開発されていたりしますし、目だけでなく耳も優れていたりと大変優れた能力を持った鳥です。

皆さんもミミズクやフクロウを覗いてみると面白いですよ。

スポンサーリンク



オススメの記事

 - 自然