雑学通信

面白い雑学やトリビアなどを発信していくサイトです。

五月病の豆知識

      2016-03-27

may-disease

最近は暖かくなってきて春を感じますね。桜も咲いてきて、いよいよ新社会人になる時期が近づいている人も多いかと思います。

しかし、そんな人が注意しなければいけないのが五月病ですよね。

今回は少し気が早いですが、五月病の豆知識を紹介します。

スポンサーリンク



五月病は真面目な人の方がなりやすい

そもそも五月病というのは、五月の連休明けくらいから憂鬱な気分になり、気力がなくなる事から付いた病名ですが、どのような人がなるのでしょうか。

実は、五月病には真面目な人の方がなりやすいそうです。真面目に頑張ろうとする気持ちからストレスを抱えてしまい、ゴールデンウィークなどの長期の休みで、緊張の糸が切れてしまった時に起こることがあります。

その他に五月病になりやすい性格の人は、几帳面、勤勉、周囲に気遣いをする、完璧主義、内向的など人だそうです。

何事も気負いすぎずに、ほどほどに気を抜いて進めていけるのが良いですね。

五月病は五月以外でもかかる

五月病と名前が付いていますが、実は五月以外でも発症します。

上述した通り、五月病は長期の連休などで緊張の糸が切れてしまった時に起こります。他にも研修が終わり、本格的に仕事が始まったというような時にも、仕事に対する不安がストレスになり起こることもあります。

特に新入社員の方は、2ヶ月の研修後に発症したりするため、六月病なんて呼ばれる事もあるそうです。

普段からストレスを溜めないように、趣味などで適度に発散することは重要ですね。

五月病予防に有効な食事など

五月病にならない為には、ストレス対策をすることが最も重要です。

その為には、まずしっかりとした睡眠が不可欠です。寝不足にならないように、夜更かしは極力しないようにしましょう。

また、適度な運動も大変効果的なようです。運動には抗鬱剤と同様の働きがあるので、会社の帰りにジムなどで少し運動するのは良いかもしれません。

ストレス対策には、食事も重要です。ビタミンやミネラル、カルシウムを摂ることはストレス対策に大切なことです。それ以外にも、憂鬱な気分を抑える働きがある脳内物質「セロトニン」を増加させるために、バナナ、乳製品、卵黄、ナッツ類、大豆製品、赤味の魚が有効だそうです。

まとめ

いかがでしょうか。社会人になると、それまで以上に日々のストレス対策が重要になってきます。

仕事上、理不尽な事などがたくさん出てくると思いますが、しっかりとストレス対策をして乗り切っていってくださいね。



スポンサーリンク



オススメの記事

 - トリビア