雑学通信

面白い雑学やトリビアなどを発信していくサイトです。

意外と知らないトンネルの雑学

   

tunnel

山陽道の八本松トンネルで大きな事故があり、多数の被害者が出てしまいました。事故原因はトラック運転手の速度超過と前方不注意だった可能性が高いようですが、現場がトンネル内であっただけに、煙なども大変だったようです。

時折起きる事故や心霊現象などでトンネルは危険なイメージが強いですが、安全対策などはされているのでしょうか。

今回はトンネルの雑学を紹介します。

スポンサーリンク



トンネルの照明が消えているのは停電ではない

トンネルを走っていると、ところどころ照明が消えている箇所があるのに気づいたことはありませんか?よく見ると照明が等間隔で消えているのですが、停電や節電の為ではないのです。

実は照明をところどころ消しているのは、安全のためなのです。トンネルの中の明るさを外の明るさと出来るだけ合わせるために調整していて、トンネルから出た時に、目がくらまないようにしているのです。

トンネルの照明がオレンジ色なのは理由がある

トンネルの照明がオレンジ色なのは、昔の名残が大きな理由の一つです。

新しいトンネルは照明が白であったりしますが、あれは蛍光灯です。オレンジ色の照明は低圧ナトリウム灯という物で、現在では蛍光灯のほうが電気代が安く、、寿命も長いために白の照明が使われていますが、以前にはオレンジ色の物が主流でした。

また、現在ではトンネル内の換気システムなども設置されていますし、車自体の排ガスが少なくなっているのですが、以前はトンネル内は排ガスで充満する為に、白よりも光が届きやすいオレンジ色だったというのも理由の一つだそうです。

また、蛍光灯は気圧が低すぎたりすると明度が下がる欠点があるので、オレンジ色の照明しか使っていない地域もあるようです。

トンネルが心霊スポットの理由

昔のトンネルは暗く、湿気が多いので、心霊スポットが多いですね。ですが、それほど古くない高速道路のトンネルなんかでも心霊現象があったりするのを聞きます。

その理由は、高速道路の作り方が関係しているかもしれません。

高速道路は直線ではなく、うねうねと曲がっているところも多いですよね。高速道路のトンネルも同じですが、あれには理由があります。

実は、高速道路を作る際には地価が低い場所をつないでいるので、曲がっているのです。高速道路を走ってると、お墓が多いことに気づいたことがあるかもしれませんが、それは地価が理由なのです。

お墓のところは地価が安いんですね。

まとめ

いかがでしょうか。トンネルのおかげで通りところにも早く行けますが、トンネルを通る時には視界が暗くなったりするので、注意が必要ですね。

事故が起きないように、注意して楽しく旅行したいですね。



スポンサーリンク



オススメの記事

 - トリビア